口腔衛生課

ホーム > 施設紹介 > 白梅県居ケアホーム > 施設紹介 > 口腔衛生課

口腔衛生課

老人保健施設における歯科衛生士とは、全身状態を回復させる手助けとして口腔機能を改善させQOLの向上を図り体力アップに繋げて健康で安全な生活を送っていけるように関わっていきます。

高齢者の死因の上位に挙げられる肺炎の原因として、うまく飲み込みができず誤飲によっておこる誤嚥性肺炎は口腔内の汚染が原因と言われています。これは専門的な口腔ケアによって予防できます。

専門的な口腔ケアとは、安全で効果的な口腔ケアです。一人ひとりに合ったケアを行い継続していく事が重要です。
そのために私たち歯科衛生士が定期的に口腔ケアを行い、施設職員が口腔ケアを維持して毎日のケアを継続して行っていく事です。

口腔内の環境は個々によって異なります。義歯が合わなく思うように噛めない方、病院にいる間など保清維持ができなく重度の歯周炎になっている方、歯がぐらぐらで夜間自然脱落し誤飲の危険性がみられる方といったさまざまなお口の問題をかかえた方がたくさんみられます。
まず口腔内の問題をしっかり把握する事です。入所時に口腔内のアセスメントをとり、歯科治療が必要であれば、往診またはご家族と歯科受診にかかり危険を防止していきます。

これらを行なうためには他職種との連携がとても重要です。歯科衛生士として常に変化されていく入所者の方の状態を把握し情報を交換する事で一人ひとりが安全な生活を送れるよう携わっていきたいです。

ページの先頭へ

歯と歯茎をブラッシング

口腔機能が低下すると食べること以外に体に様々な悪影響を及ぼします。その中のひとつに「誤嚥性肺炎」というものがあります。
歯垢や食べかす・汚れた唾液が日常生活の中で気道を通じて肺に入いる為、肺炎を起こし、誤嚥が原因の肺炎により時には命を落とす方もいます。

写真:口腔ケア利用前口腔ケア利用前写真:口腔ケア利用後口腔ケア利用後

右上の写真で、歯茎についている白い物体が「歯垢」です。
写真口腔内には歯垢のほかに葱等の食べかすが付いており、歯茎には「膿の袋」が出来ております。これらが気道に入ることが「誤嚥」であり、肺に入りこみ炎症を起こすことで「肺炎」となります。

誤嚥を防ぐためには、口の中を清潔に保つことが重要です。歯科衛生士の指導の下、看護師・ケアワーカーを通して全ての利用者に対して、毎食後ブラッシングを行った結果が右下の写真です。
ブラッシングをすることにより「歯垢・食べかすの除去」だけではなく、歯と歯茎をブラッシング(刺激を与える)することにより、歯茎の免疫力が向上し「膿の袋」も小さくなります。 右下の様な誤嚥が発生しにくく・清潔な口腔環境を維持することをケアの基本として行っています。

ページの先頭へ

口腔の専門家として、健康で快活な生活の維持をお手伝いします。

満足に食事をするためには、リハビリやブラッシングだけではなく口腔内の環境を整える必要があります。 歯肉が痩せたり、歯が折れたり抜けたり・・・加齢に伴って以前までの入れ歯が自分の口に合わなくなってしまい、食べ物が食べにくくなり、十分に噛んで安全に食べることが不可能になってしまいます。
そして丸飲みするようになり本来の食べる機能が使えなくなってしまい、誤嚥や体力低下、食べ物がのどに引っかかり呼吸が出来なくなることがあります。

噛む回数が少なくなることや丸飲みすることにより、美味しく味わって食べる満足感がなくなり、食欲が減退し体力の低下が起き様々な病気の間接的な原因となります。又、噛む事により脳に刺激をあたえ、認知症の進行を緩和することがあります。

写真:現場のワーカーブラッシング

私たちの法人では定期的に歯科診療を行い、歯科医師・歯科技工士の協力により歯科衛生士を通して該当する入所者一人一人の口腔環境にあった入れ歯を調整し、本来の食べる機能の低下を防止しています。

私たち歯科衛生士は口腔の専門家として、他の専門スタッフと協力し「美味しく食事ができること」「話すこと」「ほほえむこと」が口腔の病気や加齢により衰えがちな口の機能を高め「一日でも長く食べる楽しみ」を得られ、健康で快活な生活の維持をお手伝いします。

ページの先頭へ

文字サイズ変更
小さく
戻す
大きく