リハビリ課

ホーム > 施設紹介 > 白梅ケアホーム > 施設紹介 > リハビリ課

リハビリ課

リハビリ訓練室は庭に面しており、太陽の光が降り注いでいます。その庭には梅の木・桜の木が植えられており、時には眺めながら、時には歩行訓練として憩いの場となっています。

リハビリテーション

リハビリテーションという言葉を聞かれたことがあると思います。
また、病院などで行った方もいると思います。リハビリテーション(以下リハビリ)とは病気や怪我なので傷害された機能を回復する訓練だけでなく、障害が残って病前とまったく同じ生活は出来なくても、残された能力を最大限に発揮して、依然と同じような価値のある生活を築くことなのです。

今では病院だけでなく様々なところでリハビリが行われています。白梅ケアホームでは専門の療法士がリハビリを行っています。ただ、病院と施設では目的が多少異なるため、行う内容や重きを置くところが違っています。

では、老人保健施設で行うリハビリとはどういうものなのでしょうか?
老人保健施設は、「病院と家との中間の施設」といわれています。ですので家へ帰るための訓練に重きを置いています。
歩行はもちろん、トイレやベッドへの移乗の練習、また服の着脱など日常生活に結びつけた内容のものを行います。必要に応じておうちの状況に合わせた訓練も行っていきます。

ページの先頭へ

自信を取り戻す訓練

脳出血で倒れたHさん。リハビリ病院からこちらにこられた時は、病気により失語(言葉が出ない)があり、また、左の手足の麻痺で車椅子に乗られていました。また、左側のものを見落としてしまい、身の回りのことは食事以外介助が必要でした。

そこで、麻痺のための訓練、車椅子操作の練習、立ち上がり・移乗・ズボンの上げ下げの練習を訓練室だけでなく病棟のトイレでも行っていきました。また、普段の介助は看護・介護職員ですので、見守ってほしいところ・介助してほしいところなどを訓練の進み具合により伝達していきました。

今では、車椅子ではありますが一人で上手にトイレが出来るようになりました。それにより精神的にも落ち着き、皆さんとお話しすることも増え、杖を使っての歩く練習にいそしんでいらっしゃいます。

このように出来ることが増えたために自信を取り戻し、それ以外のことへも影響していくのです。

生活の質を高めるリハビリ。

白梅通信にも掲載している習字や革細工・俳句やちぎり絵・貼り絵などを楽しみながら手を使い、頭を使い脳の活性化を高めます。

これらは訓練室だけで行うものではありません。生活の中で行うことにより、より確実なものとなるのです。療法士が検査し、目標を立て、個別のリハビリプログラムの元、看護・介護の職員と連携し、毎日の生活の中で出来る能力を最大限に生かした介助をしていきます。

ご本人やご家族の希望に出来るだけ添えるように、週2回という限られた時間ではありますが、サポートしていきます。

ページの先頭へ

文字サイズ変更
小さく
戻す
大きく