看護課

ホーム > 施設紹介 > 白梅豊岡病院 > 施設紹介 > 看護課

2016年3月4日 更新

看護課

看護課は患者様と多く関わりが持てるように心掛けています。

写真:看護師

患者様やご家族様の意向に耳を傾け、実現できるように関わっています。
そのため入院直後は表情が乏しい方も呼びかけに反応し表情が豊かになる方もいらっしゃいます。
身体拘束0宣言を掲げており、生命への危険があるとき、緊急性のあるとき以外は拘束していません。そのため患者様自身のストレスが少なくなっています。


写真:看護師

またケアワーカーと連携し褥瘡にならないように工夫しています。清潔保持のため週2回以上の入浴を実施し定期的なオムツ交換、体位交換を行っています。
職員同士コミュニケーションを取り、情報の共有化を図り異常の早期発見、早期対応ができるように努めています。事故防止や感染防止などの課題には、委員会活動や院内研修、外部研修にも積極的に参加しながら、日々看護の質向上に努めています。

業務中心ではなく、患者様の気持ちを優先して、いつでもにこやかに質の高い看護サービスの提供をしています。

ページの先頭へ

文字サイズ変更
小さく
戻す
大きく