院長からのごあいさつ

ホーム > 施設紹介 > 白梅豊岡病院 > 院長からのごあいさつ

白梅豊岡病院の理念は「尊厳生」です。

 白梅豊岡病院は磐田市北部の閑静で穏やかな環境の中にあります。病院には主に医療療養型病棟(50床)、介護医療院(50床)そして通所リハビリテーション(定員40名)の3つの部門があります。外来部門もあり成長障害、予防接種、乳児健診の診療を行っています。また併設施設として白梅豊岡ケアホーム(介護老人保険施設)が隣接しています。

医療療養型病棟では主に肺炎・インスリン療法を必要とする糖尿病・呼吸不全・嚥下障害等の医療行為を多く必要とする患者様の診療をおこなっています。
介護医療院では状態が安定し、医療行為よりも介護やリハビリを多く必要とする患者様やご希望によっては終の棲家として看取りまでのお世話をさせていただいています。また患者様の状態によってはリハビリやレクレーションをより豊富に行う併設の白梅豊岡ケアホームに転所していただけます。
通所リハビリテーションでは利用者様・ご家族様の生活がより豊かなものにできるよう、医師の指示のもと専門性かつ質の高いリハビリ(単に筋力低下の予防だけでなく、身体機能の改善を心がけています。またそれぞれの利用者様のお体に合った個別のリハビリプランを提案させていただきます。)、送迎・入浴・食事(管理栄養士が利用者様の体調を考えたお食事を提供させていただきます)サービス、笑いは健康の源をモットーとしたレクレーション等で利用者様に充実した1日を過ごしていただきます。医師も常駐していますのでまさかの時も安心です。

 白梅豊岡病院の患者様に対する思いは「尊厳生」です。スタッフは患者様・ご家族様に悔いが残らない日々を過ごしていただけるようできることは何でもやっていく、遠州地方の「やらまいか」精神を心がけています。そのために白梅豊岡病院の特色である医療療養型病棟・介護医療院・通所リハビリテーションそして併設施設である白梅豊岡ケアホームを活用し、それぞれの患者様のニーズにあった施設にて専門性の高いスタッフが介護・医療を提供させていただきます。そして患者様とご家族様が笑顔になっていただくことが白梅豊岡病院スタッフ一同の喜びです。

 人生100年時代、70歳・80歳はまだまだ若い!!です。これからの患者様・利用者様のダイヤモンドエイジ(シルバーではありません!!)を充実させるためのエスコートランナーでいたいというのが白梅豊岡病院スタッフ一同の願いです。

白梅豊岡病院 院長
中川 祐一

ページの先頭へ

文字サイズ変更
小さく
戻す
大きく