新総合事業

ホーム > 介護保険について > 新総合事業

介護予防・日常生活支援総合事業は、高齢者の介護予防と自立した日常生活の支援を目的とした事業です。

新総合事業とは

  •  新総合事業は、高齢者の介護予防と自立した日常生活の支援を目的とした事業で、介護予防・生活支援サービス事業と一般介護予防事業の二つからなります。

ページの先頭へ

介護予防・生活支援サービス事業(訪問型と通所型サービス)

対象者

  • 1.要支援認定を受けた方
  • 2.基本チェックリストにより介護予防・生活支援サービス事業対象者となった方
    (事業の対象者は要支援相当の方を想定しています)
    このサービスは、対象となる方の自立支援を目的に介護支援専門員(ケアマネージャー)と話し合って作成したケアプランを基に利用します。

訪問型サービス

ホームヘルパーが訪問し、身体介護(食事や入浴の介助等)や生活援助(買い物、調理、掃除、ゴミ出し等)を行います。

通所型サービス

デイサービスセンターの施設などに通い、入浴や排泄、食事などの介護や機能訓練などが受けられます。

介護予防ケアマネジメント

新総合事業によりサービスが適切に提供できるよう、ケアプランの作成を行います。

ページの先頭へ

一般介護予防事業

  • 地域での介護予防、健康づくり

対象者

  • 65歳以上のすべての高齢者が対象

ページの先頭へ

文字サイズ変更
小さく
戻す
大きく