社会保険制度とは

ホーム > 介護保険について > 社会保険制度とは

介護保険制度とは、平成12年4月からスタートした、介護を社会全員で支えあうことを目的として創設された社会保険制度です。
40歳以上の人全員が加入者となり、保険料を納付します。
加齢(老化)の関係がある疾病、要介護状態になる可能性が高い疾病と言われる特定疾病や介護が必要な状態であると判断された場合には介護保険の多種多様なサービスから、ご自身(ご家族)が選択して利用することが出来ます。
保険料は医療保険に上乗せして、加入している医療保険者(国民健康保険や協会けんぽなど)へ納めます。65歳以上の方は原則として年金から自動引き落としされています。

介護保険は保険料を納めて、サービスを利用する「被保険者」とそのサービスを提供する「事業者」、制度そのものを運営する「自治体(市町村)」の3つから構成されます。

被保険者・事業者・自治体の構成図

ページの先頭へ

文字サイズ変更
小さく
戻す
大きく